WEB予約はこちらから
お問い合わせはこちら TEL:0748-33-7601 9:00~12:00 16:30~18:30  火、水、金 14:30~16:30(予約専用)休診:第4火曜午後・木曜午後・土曜午後・日曜祝日

予防接種

HOME»  予防接種

初めてワクチン接種を開始される方へ

複雑なワクチンスケジュールを効率よく終了できるようご協力いたします。
初診の方も予約可能です。まずはお電話をください。

生まれて初めてワクチンを接種することを「ワクチンデビュー」と言います。接種すべき多くのワクチンを効率よく早期に済ませる必要があります。当院では生後2カ月でのワクチンデビューをお勧めしています。
当院では接種部位を変え複数のワクチンを接種する同時接種を取り入れております。同時接種は世界的には当たり前のこととして普通に行われている医療行為です。
同時接種により個々のワクチンの副反応がひどくなることはありません。早く免疫をつけるために必要なこととして日本小児科学会も同時接種を推奨しています。

当院で接種可能なワクチン

ヒブ(Hib)ワクチン

ヒブ(ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型:Hib)は細菌性髄膜炎の原因菌となります。
ヒブは、まれに細菌性髄膜炎を引き起こします。細菌性髄膜炎は、亡くなったり、脳に後遺症が残ることがあるため、ワクチンの接種によりヒブに対する抗体をつくり、かかりにくくしましょう。
接種には生後2か月から4週間あけて3回接します。4回目は3回目から7か月以上あけて1歳すぐに接種します。
肺炎球菌ワクチンとの同時接種をお勧めします。

肺炎球菌(PCV 13)ワクチン

肺炎球菌による感染症を防ぐワクチンです。
子どもは肺炎球菌に対する免疫がほとんどないため、小児の肺炎球菌感染症は重症化することが多く、細菌性髄膜炎、敗血症、肺炎、副鼻腔炎などの病気を引き起こします。
生後2か月から4週間あけて3回接種しし、生後12~15ヶ月頃に4回目を接種します。
ヒブワクチンとの同時接種をお勧めします。

四種混合(DPT-IPV:ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ)ワクチン

百日咳、ジフテリア、破傷風およびポリオ(急性灰白髄炎)の予防を行うための予防接種です。
ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオはどれも病気にかかると重篤になる場合や亡くなる場合があります。特に小さな赤ちゃんがかかると重症化してしまいます。生後3か月になったらできるだけ早く受けましょう。
3~8週間あけて3回接種します。その後3回目の接種から1年あけて(6か月後から接種可能)追加接種をします。

BCGワクチン

結核菌による髄膜炎など、重症化を防ぐワクチンです。
乳幼児は結核に対する抵抗力が弱いため、全身性の結核症や結核性髄膜炎を引き起こす場合もあり、重い後遺症が残ることもあります。BCG予防接種は乳幼児の重篤な結核の発症予防に効果があります。
通常生後5か月以降に1回接種します。

麻疹・風疹(MR)ワクチン

麻疹(はしか)、風疹の感染を予防するワクチンです。
麻疹は感染力が非常に強く、高熱が続くつらい感染症というだけではなく、肺炎・中耳炎・脳炎などの合併症が起こることがあります。
風疹は発熱と同時に発疹もみられます。麻疹ほど重症化することはありませんが、血小板減少性紫斑病・脳炎などの合併症が起こることがあります。
1回目:1歳になったらすぐに接種しましょう。
2回目:小学校就学前の1年間。(年長児)

日本脳炎ワクチン

日本脳炎とは、人から人への感染は起こしませんが、蚊によって媒介されてウイルスに感染することで起こる病気です。感染しても多く方は症状が出ませんが、一部の方に高熱・頭痛・嘔吐・意識障害やけいれんなどの症状が現れます。また、まれに知覚障害や運動障害の後遺症が残ったり、亡くなることもある感染症です。
第1期:生後6ヵ月から接種できますが、標準的には3歳からの接種となっています。
    1~4週間隔で2回、2回目の約1年後に3回目を接種します。
第2期:9~12歳の間に1回接種します。

二種混合(DT:ジフテリア・破傷風)ワクチン

二種混合ワクチンは、ジフテリア及び破傷風を予防するワクチンです。11~12歳の間に1回接種します。
ジフテリア
ジフテリア菌がのどや鼻に感染し、発熱、のどの痛み、犬が吠えるような咳、嘔吐などの症状が起こります。 ジフテリア菌の出す毒素により心筋炎が起こったり、神経が麻痺したりすることがあります。
破傷風
人から人へうつる病気ではなく、土壌中の菌が傷口から体内に入ることによって感染します。破傷風菌の出す毒素により、神経麻痺、筋肉の激しいけいれんや呼吸困難などをおこします。処置が遅れると命に関わります。

不活化ポリオ(IPV)ワクチン

ポリオウイルスによる感染を防ぐワクチンです。
多くの場合は症状が出ないか、発熱や頭痛などかぜに似た症状が現れます。しかし、ウイルスが脊髄や脳へ侵入することにより、まれに四肢に麻痺をおこします。日本ではワクチンの高い接種率により自然感染による患者発生はありませんが、一部の国ではポリオの流行がまだ残っていますので、免疫をつけておくことが大切な疾患です

B型肝炎(HBV)ワクチン

B型肝炎ウイルス(HBV)に感染することによる肝臓の病気を防ぎます。
1回目:生後2か月から
2回目:1回目から27日以上の間隔
3回目:1回目から139日以上の間隔(おおよそ5か月弱)

水痘(みずぼうそう)ワクチン

感染力の強い水痘帯状疱疹ウイルスを予防するワクチンです。
水痘に感染した人のせきやくしゃみを吸い込むことで感染し、2~3週間の潜伏期の後に、発熱と体全体に水疱を伴う発疹ができます。
1~2歳の間に2回接種します。

子宮頸がん(HPV)ワクチン

子宮頚がんは日本では、女性特有のがんの中では乳がんに次いで多いがんです。
原因となるパピローマウイルス感染を防ぎます。2013年に厚生労働省は「接種の積極的な推奨」を一時中止としました。現在も推奨の再開はされていません。詳しくは医院にお問い合わせください。

ロタウイルスワクチン

乳幼児に多くみられるウイルス性胃腸炎の一つで、ロタウイルスによる感染を予防するワクチンです。遅くとも生後14週6日(生後3か月半過ぎ)までには接種を開始します。
突然の激しい嘔吐と水のような下痢を繰り返し、発熱を伴うことも多いです。下痢や嘔吐のため脱水症を起こしたり、脳症などの合併症を起こすことがあります。

おたふくかぜワクチン

おたふくかぜウイルスによる感染を予防するワクチンです。感染した人の唾液に含まれるウイルスにより飛沫感染し、2~3週間の潜伏期間ののち両側または片側の耳下腺の痛みを伴う腫れと発熱を生じます。約1週間程度で自然治癒しますが、まれに無菌性髄膜炎・脳炎・難聴・精巣炎などの合併症を起こすことがあります。2回接種をお勧めしています。

インフルエンザワクチン

インフルエンザに対するワクチンです。主に重症化を防ぐ目的があります。インフルエンザは通常12月から3月に流行します。当院では例年9月下旬に予約を開始、10月中旬より接種を開始しています。

PageTop